« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

Motionblue♪

こんばんは♪

一昨日のモーションブルーヨコハマ

ありがとうございました~♪

パパも何とか横浜までたどり着き、

無事ステージの上に上がることが出来ました。

本調子とは言えませんでしたが

頑張ってパパも楽しんでいたみたい。

次回はもっと元気な姿をお見せできるよう

親子共々頑張ります!Img_3198

|

イヨイヨ!

です♪

金曜日モーションブルーヨコハマです!!!

パパ大丈夫かな??

きっと元気な顔を見せてくれると思います。

それにしてもメンバーがバッチリだわ♪

このメンバーは最高にワクワクします。

なかなかこの人数のセッションはできないものね♪

皆さん楽しみましょうね~♪

316日(金)MOTION BLUE YOKOHAMA モーションブルーヨコハマ

LARRY SUNAGA ALISA Project CD「AHORA!」発売記念ライブ♪

ラリー寿永(Vo,Per)寿永アリサ(Vo)中路英明(Tbルイスバジェ(Tp)竹野昌邦(Ts)斉藤崇也(Pf小泉哲夫(Bs)大儀見元(Per)伊波淑(Per

予約CALL045-226-1919

開場時間:5:30p.m. 1st 開演時間:7:00p.m.   2nd 開演時間:9:00p.m.

http://www.motionblue.co.jp/    横浜市中区新港1-1-2横浜赤レンガ倉庫2号館3F

312_3

       ラリー寿永     寿永アリサ      大儀見元

|

追悼。

こんにちは

久々の太陽が

顔をのぞかせ

穏やかな日曜日。

でも、今日も寒いですね。

まだ、こんなに凍てつく寒さの中

震災にあって

被災された方は

想像を絶する

恐怖とストレスで

ほんとに

つらかったと思います。

言葉にもなりません。

私は、今でもテレビで

震災の報道を見ると

涙があふれてきます。

涙が溢れ出てとまらないのです。

直接的に被災したのではないのですが、

「被災された方、本当に大変でしたね。」

という気持ちでは無く、

私自身が傷つき

私自身が悲しみ

涙が溢れます。

こんなことを言うと

本当に被災された方々に

「あなたなんか、何も変わらず

普通に生活しているじゃないか。」

とお叱りを受けるかもしれませんが

この感情がわたしの正直な気持ちなのです。

わきあがる感情は誰にも止めることは出来ません。

涙が自然と溢れ出す出来事。

もちろん私は、物理的な被災をされた方々が

やっぱり一番辛いことと思います。

そして、日本がとても傷ついたのだと思います。

一日も早い復興と

一人でも多くの方々が早く笑顔を

取り戻せることをお祈りいたします。

私も人として出来ることは

がんばっていきたいと思います。

|

春よ来い。は~やく、来い!

こんにちは。

さむっ。

寒すぎます。

これでは、

熊さんも

カエルさんも

へびさんも

アリサさんも

おそとには

出れませんね♪

でも

アリサさんは

今夜は野毛JUNK♪

がんばって

行きますよ!

だから、皆さんも

がんばって来て下さいね!

今夜、野毛でお会いしましょ~♪

|

太陽が見たいわ♪

こんばんわ♪

最近の天気と来たら

低気圧ばかり。

体調悪いわ。

しかも、太陽嵐って何???

そんなの聞いてないわよ。

増々体調悪い。

天気は来週に期待ね♪

明日まで我慢するわ。

来週はイヨイヨ!

モーションブルー横浜

「ラリー寿永アリサ」の

CD「AHORA!アオラ!」

発売記念ライブ♪

パパ大丈夫かしら、、、

先日の日記に

3rdステージの癌って書いたけど

その後のパパは、

三回の放射線治療で入院して

奇跡的に癌は全て消えたの。

でも、再発しないよう食道と胃を昨年末に

全摘出。

けっこうハードな手術でした。

あれあら3か月。

養生しているとは言え

体力が落ちています。

でも、

来週のモーションブルーのライブは

元気に登場してくれるはず!!!

久々の

父娘ライブ♪

「ラリー寿永アリサ」ライブ!

皆さんお待ちしておりますね♪♪♪

9.11.レコーディング風景

左から。私・大儀見元さん・ペッカーさん・カルロス菅野さん・パパ

このセッションまずありえないですね~♪

ミュージシャンの皆様に感謝だわ~!ありがとうございました。

(Photoコーナーにも写真載せましたよ♪)

39

|

健康第一♪

こんばんわ!

なんか、なかなか春めいて来ないですわね♪

曇り空の北風に

なんか、頭も冴えない。

今のところ、頭の中は大丈夫みたい。

でも今のところまだ安静だわね。

チャリは気を付けます。

今回のチャリンコ事件でも思うのは

つくづく健康って大事だわね。

私も今までいろいろと大変な思いもしたし

幸せって、まずは「健康」ね♪

健康は、お金では買えないものね。

(治療にかかるものはもちろん必要ね。)

私は、癌もやっている。

今は完治しているけど

健康のありがたみはつくづく実感している。

パパは去年、夏に食道癌ですっごく大ピンチだった。

しかも、3rd ステージ。

もう私は、目の前が真っ暗になった。

8月の初旬のことだった。

ママのミッチー大内は、とっくに他界しているし、

私には兄弟もいない。

パパの3rdステージの癌は、

衝撃としか言いようがない。

そこから、私の人生は何か

「カチッ」とジョイントが切り替わった

というか何かが動き出した

ような気がする。

8月の暑い夏。

私はもう普通ではいられない。

でも、どうにもならない。

3rdステージ。

間違いだと言って!!!

無力な自分と孤独感に

冷静ではとてもいられない。

私も癌を乗り越えて今があるけれど

パパも乗り越えてほしい!!

そう神様にお願いすることしかできない。

ただ、祈るだけ。

健康が大事。

幸せは、健康から始まる。

こんな状況の中から、

ラリー寿永アリサプロジェクト CD「AHORA!」

の製作は始まって行った。

37

|

ちょっと聞いて!続編

119センターにかろうじて私は

住所を伝えたわよ。

グラングランに頭が揺さぶられる。

何で、チャリでコケテ救急車なの。

幼稚園生じゃないんだから・・・

でも、わたし、いい感じだったから。

遠くにサイレンの音が響いてきた。

「あ~来た。」

どっこいしょ、

よっこらせ、

玄関を出て階を降りていると

赤いサイレン灯

の光が周りの建物を

順繰りに照らしている。

懐かしい明かりだわ。

何せ私は、10代のときから

大きい事故には8回遭遇し、

その後パニック障害で

何度も心臓が止まりそうな

場面に

そのたびに救急車のお世話になっている。

今回はそれでも3年ぶりくらいかしら

救急車には自分で乗り込み

担架に横たわる。

脈拍・血圧・問診と続く。

脳外のある救急病院を懸命に探してくれる隊員。

かなかな見つからない

すでに午前4時をまわっている。

あ~早く動いて・・・

行き場のない救急車は現場を動かない。

頭の中で血管が切れていたら

少しずつ意識が遠のいていくのかしら、

新山下にある赤十字病院が受け入れてくれるので

向かいます。  と、隊員。

再びサイレンのけたたましい音とともに

私の乗った救急車は赤信号を無視しながら

一路病院へ。

医師は、私に問診をしながら看護師とともに

私の服をはぐ。

CTスキャンで頭の中身を切り取っていく。

ここまで、意識もはっきりしていて

吐き気も、しびれもなく自分的には

とりあえず大丈夫。

ただ、外科的な痛みがあるだけ。

あ~なんと、こっぱずかしい出来事。

まだ、相手のいる交通事故なら

「気の毒ね。」

と同情されるところだが、

ゆる~い坂道で

自転車に乗って

「コテッ」と、倒れたところが

頭から地面についただけの話し。

頭からつかないで、

まず、手からつこうよ。

って話でしょ。

そしたらただの擦り傷で済んでいたはず。

さすがに恥ずかしいわ。

あれから、4・5日たっているけど、

悪い変化は今のところなく

少し安堵だわ。

教訓:

「自転車で転ぶときは

頭からつかずに

手から尽きましょう!!!」(笑)

|

ちょっと聞いて

ほんとは、あまり話したくないんだけど

話しちゃいます。

最近私、救急車で赤十字病院に運ばれました。

やっぱり、恥ずかしいから話すのやめようかな・・・

でも、まっ いいか。

横浜は、関内や桜木町や野毛といったライブハウスの

密集している地域を自転車に乗ってフラフラと

私はよく散歩しております。

最近は寒いですね。

でも、よく散歩してます。

そんなある日。

いい感じで、自転車を漕いでおりました。

それも深夜。

丑三つ時。

それも私は「いい感じ」だったのですよ。

散歩もそろそろ終わって、家路について

もうすぐ我が家だわといったとき、

軽い緩い坂があるのですが

一気に登ろうとしたとき悲劇がおこりました。

私は、フラッとしたかと思うと

「どっか~~~ン!」

星が・・・星が・・・

脳天から私は転げて

何が何だか分からなくなり

頭が割れそうになり・・・

というか、

頭が割れた。

と思って、

あ~私の短い人生の結末はこんななんだ。

と思いながら

道路にコロコロと転がったのでした。

頭を触ってみると

とりあえず割れてはいなかった。

手を見ると

とりあえず血は流れてなかった。

でも、激痛にふらっふらっになりながらも

起き上がり人生はまだ続いていることに

感謝した。

どうにもこうにも

頭が割れそうに痛い私は

とりあえず泣いてみた。

ここは、人通りもない裏通り。

私はもう自転車は放り出して

這うように家路へと向かった。

気が付くと

私はベッドの上に寝ていた。

左側頭部が、触ると腫れている。

このままじゃまずいでしょ!

ふつう。

なんたって頭だし。

私は、119をCallしたわよッ!

ちょっと、めまいがするので

つづく

|

は~るよ来い!!

いつまでたっても

なんか

春が遠く感じるわっ。

早く春が来ないかしらね!

なかなか、冬眠から覚めないわ。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »